良い部分も悪い部分もICLを丸裸に

ICLのメリットやデメリットについてしっかりと理解しておく必要があげられます。ICLと言うのは目にレンズを挿入することによって光の屈折を変えていくことにします。光の屈折を変えることで近視や遠視乱視とかいという症状を治療する手術になってくるでしょう。基本的には強度近視の方が対応となります。レンズにはマルチフレックス、アルチザン等にみたいなタイプとその他のタイプがあります。このことをICLといいますが、最近ではホールICLと言われており、レンズの中央部分に穴が開いていますのです。穴が開いていることによって関内の水の流れが非常に良くなるため、熱上昇を予防できるようになるんです。穴が開いていないそしたら熱の上昇を予防するためにレーザー色彩切開術を行わないならばなることはない。このタイプならその必要はありません。それは患者さんの負担を軽減することにつながりますし、光学経の拡大によりまして夜間の光のにじみを軽減出来るようになっておりいるのです。ICLの最大のメリットは生体適合性がとても優れていて、長期間にわたって透明な状態を維持出来る。その結果電源を切る白内障等で白内障手術の年齢になるまでは入れたままの状態で問題ないです。手術前の状態にほぼ戻せると言うのも大きなメリットだといえます。角膜には触れませんので、近年ではさらに新しいレンズが生まれたことで夜間のぎらつきなどを軽減出来るようになっています。しかし患者さんの立場から考えれば目の中の手術になるんなので、大きな恐怖感を感じます。しかし麻酔が効いていますので手術中に痛みを感じるなんて事はありません。そこでも目を大きく開けていると辛く感じるなら迎えたを避けられないの事実です。手術費用は角膜の手術に比較すると高額になると言うデメリットだといえる。屈折の度数が安定していてメリットやデメリットも十分に理解できている方の場合にはICLをお勧めします。ICLには良い部分も悪い部分もあげられますので、その点を理解しておくのはとっても重要です。